きもの日傘

きもの日傘

着物の素晴らしい色・ステキな柄・素材の風合いすべて生かすことができています。それは熟練の傘職人の手があってこそなのです。なぜなら着物の生地を日傘にするのには大変手間と時間、何より熟練の技術が必要だからです。
大切なきものを普段使いで生かす方法【きものを日傘にリメイク】気軽に普段使いにできるきもの日傘。熟練の傘職人の手によって、実現できました。軽い使い心地ときものを生かしたデザインを大切にしています。素敵で持ちやすさがうれしい‘きもの日傘’はプレゼントにもおすすめです。

着物が日傘に生まれ変わるまで

きものが日傘になるまでの工程と巧の技。1つ1つ大切に愛情込めて作られています。

  1. 着物を解きます
    ご依頼くださる着物はそのままお持ちください。一枚一枚丁寧に解きます。
  2. プレス / ご希望により洗ってプレス
    解いた着物は縫っていた折り目やシワがあるので、キレイにプレスします。解く→プレス→日傘を作る工程になります。洗う工程を入れてないので、洗ってから日傘へリメイクをご希望の際は、洗う工程を追加して頂けます。解いてから洗うので隅々までキレイに洗う事ができます。
  3. 裁断
    着物の生地の柄や色を見て、出来上がりの配置のイメージを考えて裁断していきます。日傘にしたときに綺麗に柄がでるのはここでしっかりイメージして日傘として素敵にに仕上がるように職人さんが考えてくださるからです。
  4. レースを染める
    レースを入れた日傘をおつくりする場合は、生地に合わせてレースを一つ一つ染めています。だから出来上がった時にレースが美しく日傘に映えるデザインになるのです。丁寧な仕事が出来上がりの美しさのポイントです。
  5. 縫製
    裁断した生地を日傘の形に縫製します。曲線のある傘のカタチにあわせて、着物の生地を縫う作業はかなりの技術が必要です。着物の生地を日傘に仕立てる難しさはここにあります。熟練の職人さんでも、傘の骨に合わないことがあり、きれいに出来上がるまでやり直しをしたりするので大変な作業です。
  6. 仕立て
    骨の部分に生地を合わせていきます。しっかり張ることができたら、蒸気でシワを伸ばして仕上げます。
  7. 加工
    撥水加工で突然の雨から日傘を守ります。※撥水加工は有料オプションです。
  8. 完成
    お客様の手元に素敵に変身したきもの日傘をお渡しいたします。

細部までこだわったパーツ

世界に一つだけのきもの日傘は、パーツをお選びいただく楽しさがあります。

手元

左から竹/藤

着物の上質な色柄・素材とあう事を大事に素材を色々検討しました。着物をきれいに見せてくれて、持った時の美しさが感じられる。お洒落感が出る茶色のタッセル付き。藤の手元は+1000円。

レース

レースを挟んだ仕立てをいたします。高度な技術が必要ですが熟練の職人の技で美しいレース入れた日傘にお仕立ていたします。また、レース生地は一つ一つ着物の生地の色にあわせて染めます。美しく馴染むお色で仕上がりの上質さ。着物がとても引き立ちます。

レースを入れるタイプは、生地のカットが通常タイプより小さくできるため1つの着物から2本日傘をお作りすることができます。形見分けなどにオススメです。

ボタン

ボタンは着物の生地を使ってくるみボタンをお作りしますので、ボタンまで全部同じ生地でできあがります。

撥水加工

追加オプション撥水加工。長くきれいにお使い頂けますよう、また突然の雨に時に日傘を守ってくれます。また柔らかなきものの生地に張りがでて扱いやすくなるというメリットもあります。※あくまでも突然の雨や多少の汚れを防ぐというものになります。雨傘としてお使いいただく事はお勧めしません。

 

折りたたみ日傘

有難いことにお客様からご要望がありまして折りたたみ日傘もお作りすることができるようになりました。長い日傘と違って鞄の中に入れて持ち歩けるのが嬉しいですね。ただ着物の生地という点で折りたたみ日傘はご了承いただきたい事ががいくつかございます。その点もあわせてご案内いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

折りたたみ日傘になる前の着物

黄緑色小紋の着物

 

折りたたみ日傘

出来上がり

サンプルはレースのない通常タイプですが、レースを入れてお作りする事もできます

パーツ:竹手元・革ひも付き

折りたたみ日傘の手元はこの竹の手元のみになります

サイズ:広げたとき

 

閉じた状態

基本的に写真の“閉じた状態”での保管をお願いします。

絹の生地はスレることや折ったところが弱くなりやすいです。そのため長い日傘とはお取り扱いが異なります。折りたたみ日傘の便利な所ですが、その折ったままにしていると折れ目の所が傷みやすくなります。長くお使い頂くためにも生地に付加がかからないようにして頂くことが大事です。

折りたたんだ状態

折りたたみ日傘の注意点
  1. 基本的に写真の“閉じた状態”での保管をお願いします。
  2. 折りたたんだ状態では留める紐はありますが、長いまま閉じている状態で留める紐がついておりません。写真のようにパラっとなった状態になります。(出来上がり写真6枚目の状態)
  3. 着物の生地は擦れる事や折れ曲がる事の繰り返しに弱いです。傘にすることを目的とした生地と比較すると弱い事をご理解下さい
  4. 折りたたみ日傘を入れる小さい袋はご希望で日傘と同じ生地でお作りします。料金+2,750円(税込)

 

ちょっと注意は必要ですが、お出かけにコンパクトになる折りたたみ日傘は便利で良いですね。

 

料金

基本料金

長いタイプの日傘をお作りします。基本料金に含まれるもの。パーツ代手元・骨・ボタン( ※藤の手元をお選び頂いた場合のみ+1000円)。日傘お仕立て料金。

  • 通常タイプ(レース加工なし)22,000円(別)
  • レースタイプ(レース加工あり)26,500円(別)
パーツ料金
  • 竹の手元 0円(リメイク料金に含まれます)
  • 籐の手元への変更 +1,000円
折りたたみ日傘への変更
  • +1,500円(別)にて折りたたみ日傘へ変更いたします
    リメイクする前 生地の状態にする解き・プレス作業
    • 着物・コート(羽織・道行コート・道中着)  2,500円(別)
    • 留袖・振袖・絞り生地の着物やコート   3,000円(別)
    リメイクする前オプション 洗う工程を追加できます
    • 解く→洗う→プレスをしてリメイクする工程に進むこともできます。ご希望に応じてご依頼に追加させて頂きます。料金6,000円(別)。解いてから洗うので隅々まで洗う事ができますのでできるだけキレイにしてからリメイクされたい方にはおすすめです。※古いシミは通常の洗いでは取れない事がございます。
    撥水加工オプション
    • 撥水加工:+2,000円(別)
    送料
    • 送料 関西:1,500円(別)
    • 送料 関西以外(北海道沖縄除く):2,000円(税込)
    • 北海道・沖縄など離島は別途確認いたしますので、ご注文時にご案内します
    • ご依頼下さる本数や残り生地のご返却の有無により箱のサイズが異なります。その際の送料は、お見積りご案内いたします。
    料金の目安
    • 反物をお持ち頂いて、きもの日傘【通常タイプ】にリメイクご依頼頂いた時の料金:22,000円(別)
    • 着物をお持ち頂いて、きもの日傘【レースあり】にリメイクご依頼頂いた時の料金:29,000円(別)(内訳:解く・プレス料金:2,500円(別)+日傘/レースあり/リメイク料金:26,500円(別))

     

    ご注文方法

    ご依頼前の準備

    日傘へリメイク可能なもの

    着物・羽織・道行・道中着・雨コート。丈の短い着物や羽織・コートも対応できますが、生地の丈が短いので“レース加工ありタイプ”のみ取り扱いとなります。反物から仕立てる事も出来ます。その場合は、反物または洗張り済の生地。

    ご注文

    日傘をご希望の仕様でお作りします

    • 日傘のタイプ  長い通常の日傘レースなし(通常タイプ)/長い日傘 レース加工ありタイプの日傘
    • 折りたたみ日傘 ご希望で折りたたみ日傘に変更できます
    • 手元選び    竹・藤の手元2種類(※折りたたみ日傘は竹のみ)
    • 有料オプション 撥水加工

    ご注文のご案内はリメイク総合ページにてご案内させて頂いております。←ココをクリックしてください。

     

    お客様のご依頼品

    撮影・掲載許可を頂きました日傘をご紹介させていただきます。ご協力くださいました皆様ありがとうございます。皆様に素敵なきもの日傘を楽しんで頂きたいです。画像をクリックして頂くと大きい写真でご覧いただけます。

     

    着物から日傘へリメイク

    1つの着物から4本の日傘へリメイク

    レース加工を入れた日傘は、通常タイプより少ない生地の量でお作りすることができます。

    そこでとてもレアなケースですが、日傘にしてしまうのが惜しすぎるお着物。同じ日傘になるならできるだけしてあげたい。出来上がりの高級感と上質さに目を奪われる日傘になりました。ご覧いただきたく一番はじめに掲載します。

    こちらの日傘の詳細はブログ記事にしました。クリックして頂くとリンクします。着物リメイク–1枚の着物から4本の日傘–

     

    1つの着物から2本の日傘へリメイク

    レース加工を入れた日傘は、通常タイプより少ない生地の量でお作りすることができるため、1つの着物から2本の日傘をお作りする事ができます。2本並ぶ姿は可愛いくて1つの着物を大切な人と分けあえる喜びがあります。

    1つの着物から2本の日傘 小紋の着物

     

    1つの着物から2本の着物 柄あわせで違う印象に
    他にも素敵な1枚の着物から2本の日傘へのリメイクご紹介-クリックしてくださると紹介記事にリンクしてます

     

    着物から日傘へリメイク

    他にも素敵な着物から日傘へのリメイクご紹介-クリックしてくださると紹介記事にリンクしてます

    着物リメイク -訪問着2枚を日傘へリメイク

    きもの日傘 – グリーンカラー小紋の着物から日傘へリメイク 

     

     

    着物の反物から日傘へリメイク

    羽織・コートから日傘へリメイク

    羽織から日傘へリメイク

     

    1つの雨コートから2本の日傘
    他にも素敵な羽織やコートから日傘へのリメイクご紹介-クリックしてくださると紹介記事にリンクしてます

     

    1つの着物から日傘とお揃いのアイテム

     

    他にも素敵な日傘&お揃いアイテムのリメイクをご紹介-クリックしてくださると紹介記事にリンクしてます

    1つの着物から色々なアイテムへリメイクしてお揃いを楽しむ -リメイク写真集 お揃いアイテムVer.-

     

    日傘へのリメイクのお仕事への想い

    ご依頼頂く着物は、形見分けに…とおっしゃって頂くことが多く『着物を残しておきたい、生かしたい』という優しいお気持ちからご依頼頂いてます。お母様の着物やおばあ様の着物、お父様が着ていた着物、ご両親からお嬢様に嫁入りに持たせた着物など。すべての着物に想い出がたくさんあります。

    その想いが形になって日傘へと仕立てられた時、なんとも言えない嬉しい感動にいっぱい包まれます。職人さんの力で素晴らしい日傘になった事に感動し、想いがかたちになった事にも感動します。

    お客様からうれしいお声を頂いてます「この日傘を使っていると天国からお母様がきもの日傘を見つけてくれると思います」「嫁入りにもたせてくれた着物を日傘にしてお母様に見せたら喜んでくれた」6本ご依頼いただいたお客様が「みんなが好きだったおばあさまの着物、親戚で分けます」そんなお言葉をかけて頂たりして思うのは、きもの日傘は優しさ・人の想い。それがカタチになったものなので優しい想いに包まれます。

    嬉しい気持ちをお届けできますよう真心こめて努めます。ご相談もどうぞお気軽にお声かけて下さい。