きものリメイク 利休バック

着物をお召しになる方も様々な理由で着なくなってきた着物・羽織・帯がありませんか。派手になったと感じるものや、着用になるには丈の短い羽織、または帯など。お出かけの時の可愛い利休バックにリメイクはいかがでしょうか。箪笥に眠っているものも職人の技で生かす事ができる嬉しさとお洒落な利休バックができる喜び。使う幸せ。リメイクには嬉しい事がいっぱいです。

きもの利休バック 仕様

着物はもちろん羽織からリメイクができます。総絞りの羽織はとても美しく絞りの生地感と職人の仕事の細やかさ感動します。ただ身丈が短いため着るのに抵抗がありました。着たいのに着にくい悩みを利休バックにリメイクすることで気持ちも楽に使う喜びもあります。

使用感

実際にペットボトル500m・携帯電話・長財布・がま口財布・ハンカチ・名刺入れをいれてみました

 

撥水加工/オプション

大切な着物を普段使いできるように生地に追加オプションにて撥水加工をいたします※永久に効果があるものではありません

大きさ・ポケット

両サイドにポケットがあり、大きさはしっかりマチのある仕様です。

  • 利休バック:高さ約16㎝・横約29㎝・巾約11㎝
  • 上記サイズには持ち手部分は含みません

 

料金

利休バックへリメイク料金

  • 26,000円(別)

リメイクする前 生地の状態にする解き・プレス作業料金

  • 着物・コート(羽織・道行コート・道中着)2,000円(別)
  • 留袖・振袖 +1,000円(別)

リメイクする前オプション 洗う工程を追加できます

  • 解く→洗う→プレスをしてリメイクする工程に進むこともできます。ご希望に応じてご依頼に追加させて頂きます。料金6,000円(別)。解いてから洗うので隅々まで洗う事ができますのでできるだけキレイにしてからリメイクされたい方にはおすすめです。※古いシミは通常の洗いでは取れない事がございます。

オプション撥水加工

  • 1,000円(別)

送料

  • 送料 関西   1,500円(別)
  • 送料 関西以外:2,000円(別)
  • 北海道・沖縄など離島は別途確認いたしますので、ご注文時にご案内します
  • その他のリメイクとあわせてのご依頼など、複数ご注文頂いてる場合は箱の大きさによって送料が異なりますので、お見積りの上ご案内させて頂きます。

 


料金の目安

【例1】着物をお持ち頂いて、利休バックにリメイクご依頼頂いた時の料金:28,000円(別)

内訳

  • 着物を解く・プレスする:   2,000円(別)
  • 利休バックにリメイクする:26,000円(別)

 

ご注文方法

ご注文のご案内はリメイク総合ページにてご案内させて頂いております。←ココをクリックしてください。

利休バックへリメイク可能なもの

羽織・道行・道中着・雨コートなどのコートがおすすめです。着物・帯・反物から仕立てる事も出来ます。

  • 巾 36㎝以上 解いてプレスした状態で36㎝
  • 長さ140㎝以上 必要な最低限の長さですので、柄配置のご指定がある場合は別途確認をさせて頂きます
  • ※帯を薄型ポーチにする際の注意事項※

    袋帯の裏側の糸の処理。裏側の糸の余分を切り、必要な部分の糸を帯から抜けないように糊で留めます。接着芯をつけてバックに縫っていきます。細心の注意の処理でも糸が抜けるものがあります。事前のチェックでも申し訳ありませんが判断が難しい場合もあり、実際に裁断してみてみないと分からない事もございます。

 

お客様のご依頼品

Instagramは、お客様の愛情がつまったリメイクの想い出のビフォーアフターの写真集になっております。ご依頼くださいました可愛い、愛おしいリメイクアイテム達をぜひご覧くださいませhttps://www.instagram.com/shizukyou/

スワトウ刺繍の訪問着からリメイク

スワトウ刺繍の美しい訪問着。はじめに帯をお作りしています。その残った生地で利休バックをご依頼頂きました。刺繍のある部分はできるだけ生かしてほしいご希望から内側にも刺繍のある贅沢な作りになっています。

 

帯から利休バックにリメイク

柄もカワイイしお気に入りだけどてだんだん使わなくなったけど状態の良い帯。利休バックへのリメイクをご依頼頂きました。メインに柄を多く使って反対側には少し少なめにして配置しています。素敵な利休バックです!