帯リメイク スツール

帯スツール

大切な帯。でも箪笥にしまい込んでしまっていませんか?美しい刺繍やデザインの帯や大切な想い出の帯。使いたいけど、その機会に恵まれないというお困りはございませんか? 帯の新しいリメイク方法をご提案させて頂いております 帯を椅子へと作り変える、帯スツール&ミニ帯スツール お部屋のインテリアにすることで、眠っていた帯も見てもらえる喜びがあり、使える喜びもあり、いつでもそばにあって見てるだけで嬉しい愛でる喜びもあります 帯の良さや想いを感じて生かす技術と気持ちを持った女性の椅子職人さんの手で生まれ変わるので、心のこもった一品に。そして他にはない世界に一つだけのインテリア。

帯スツール&ミニ帯スツール

大きいサイズの帯スツール/小さいサイズのミニ帯スツール 2つのタイプ

帯スツール

帯スツールは、お茶の葉っぱを保管する“茶箱”を本体ベースにしてますので蓋を開けて収納することも出来ます。帯を生かすデザインは和室はもちろん洋室にもお洒落にお使い頂けます。

ミニ帯スツール

ミニ帯スツールは玄関で靴を履く時や正座椅子の変わりにお使い頂いたり、大きめのソファのオットマン(足置き)にも。人形と一緒に飾るのも可愛いです。

帯がスツールに生まれ変わるまで

  1. 椅子にする帯
  2. 帯にあわせて周りの生地を選びます
  3. 必要な部分の帯を解、裁断します
  4. 椅子の土台部分。材質:杉材。茶箱をベースとしていますので、中は収納できるスペースがあります。椅子にできるよう補強して強度をもたせています。椅子のクッション材柔らかさはありつつ、しっかりした座り心地のために数種類のウレタン素材のクッション材を使い分けています。
  5. 周りに椅子の生地を張っていきます厚みのある生地なので、細かなところをきれいに始末するのがが大変な作業です
  6. 椅子の土台部分をつくります。脚は、木材から作ったオリジナル部品です
  7. 帯を張っていきます全部きれいに張れたら、鋲を打って仕上げます

制作

帯スツールは“まどか美椅子店”オリジナルです。取り扱い店として当店でも受付させて頂いています。帯の良さや想いを感じて生かす技術と気持ちを持った女性の椅子職人さんです。

詳細

  • 帯スツール
    サイズ:高さ約45㎝・奥行約38㎝・横幅約27㎝
    茶箱部分 材質:杉
  • ミニ帯スツール
    サイズ:高さ約32㎝・奥行約28㎝・横幅約21㎝
  • サイズについて
    帯の厚みや素材感によって若干違いが出ることがあります。ご了解下さいませ。

料金

帯スツールリメイク料金 料金には帯部品・仕立て代を含みます
  • 帯スツール 45,000円(別)
  • ミニ帯スツール 16,000(別)

 

リメイクする前 生地の状態にする解き・プレス作業
  • 帯の解き・プレス 3,000円(別)
  • ミニ帯スツールの場合は必要なのは座面のみのため、一部分のみの解きプレスでよい場合は料金は3,000円以内にできることもございます、ご依頼の内容によってお見積りさせて頂きます。
メイクする前オプション 洗う工程を追加できます
  • 解く→洗う→プレスをしてリメイクする工程に進むこともできます。ご希望に応じてご依頼に追加させて頂きます。料金 袋帯7,000円(別)。解いてから洗うので隅々まで洗う事ができますのでできるだけキレイにしてからリメイクされたい方にはおすすめです。※古いシミは通常の洗いでは取れない事がございます。

 

送料
  • ミニ帯スツール送料 関西:1,500円(別)関西外:2,000円(別)
  • 帯スツール送料 関西:1,500円(別)関西外:2,300円(別)
  • 北海道・沖縄を除く料金になります。北海道・沖縄など離島は別途確認いたしますので、ご注文時にご案内します
  • その他のリメイクとあわせてのご依頼など、複数ご注文頂いてる場合は箱の大きさによって送料が異なりますので、お見積りの上ご案内させて頂きます。

 

ご注文方法

 

帯スツールの側面の生地。椅子用のファブリックサンプルからお選びいただきます。どのお色がお好みでしょうか、悩む時間も楽しいですね。

ご注文のご案内はリメイク総合ページにてご案内させて頂いております。←ココをクリックしてください。

ご依頼前の準備

お財布へリメイク可能なもの:帯
必ずご確認をお願いします

下記のものはしっかり確認が必要です。状態によっては帯スツールには向かない場合があります。

  • シミなどの汚れがあちこちにある。(お作りすることはできますが、シミが多すぎるとよけきれない可能性があります)
  • 穴あき・生地の強度が弱い。薄い。(作る工程や何度も座ると裂けるような事にならないように要チェック)
  • 刺繍している糸が弱くなって緩いもの(座った時に糸が抜けてしまってはいけないので要チェック)
  • 帯の織り糸が緩いと裁断したときに糸が抜けてしまう為、リメイクできないものもございます。これは事前のチェックでも判断が難しい場合もあり、実際に裁断してみてみないと分からない事もございます。どうしても製品として作られた生地ではないという点や帯を帯として使う目的以外の仕様にするのため、必ず善処しておりますが、ご理解をお願いいたします。
帯スツールへリメイクできない帯
  • 七五三や十三参りなど、子供用の帯
  • 夏物の帯(透け感のあるものや薄いもの)・半巾帯

お客様のご依頼品

SNS Instagramでは、一覧になっていてお好きなアイテムをゆっくりご覧いただけるようにしております。ぜひこちらもご覧くださいませ。https://www.instagram.com/shizukyou/

 

お客様に掲載許可頂きましたご依頼品、ビフォアフターの写真です。画像をクリックして頂くと大きなサイズの写真が見れます。素敵なリメイクをお楽しみ下さい。