ご挨拶の前に、新型コロナウイルス感染拡大予防に伴う当店の対応についてご案内をさせて頂きます。

いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
新型コロナウィルス感染拡大予防に伴い、当店では以下のご対応をさせて頂いております
  • 定期的な店内の換気

安全・安心にお過ごしいただけますように努めてまいります、皆様のご理解とご協力の程、どうぞ宜しくお願い致します

 

ご挨拶

当店は下町の風景が残る大阪、谷町6丁目で1946年創業致しました。小さなお店で現在は1人で営業しておりますが、地元のみなさまをはじめ、近年では特にリメイクのご依頼を他府県からもご依頼・ご注文を頂くようになりご利用頂けるようになり、心より感謝しております。

着物は人生の大切な行事を晴れやかに向かえることができるとても大切な衣裳です。人生の大切な瞬間が光り輝く時間でありますよう、精一杯努めさせて頂いていると共に、お客様の大切な瞬間に寄添う事ができるその事に日々感謝の気持ちでお仕事にたづさわらせて頂いてます。また、着物を着れなくなってしまっても、想いのある大切な着物をリメイクして生かす方法をご提案させて頂いております。着物を大切にしたいお客様のお気持ちを一番大切にお仕事をさせて頂くことを心がけております。

2021年を迎えコロナウイルスという大変な状況が続く日々ですが、だからこそ新しくお店の目標を掲げております。それは、皆様もお感じだと思うのですが、想像を超えた環境問題が続いています。未来を担う世代、子供たちに明るく平和で豊かな世界をつなげられる努力が必要ではないでしょうか。そこで当店では【SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)】の掲げる17の目標のうち12番目である『つくる責任、つかう責任』を考え、着物を継続して着て頂くお仕事“悉皆”(お手入れや仕立て直しなど)、着物を着ない方にもリメイクで喜んで頂けるように、継続して生かして頂くお仕事をより一層進めて参ります。

着物の素晴らしい所は、大切な日を彩るのはもちろん、次の世代にも生かすことができるサスティナブル(持続可能)な衣装でもあります。着物を大切にするお仕事が何か少しでも環境や未来につながってくれますように。小さなお店ですが志をしっかりもって、そして皆様にお仕事を通じて笑顔をお届けできますように努めて参ります。

皆様のご利用とご来店を心よりお待ちしております。

 


店名

静京呉服京染店(しずきょうごふくきょうそめてん)

お店のロゴ 三ツ持合七宝(みっつもちあいしっぽう)

七宝の由来は、円形を四つ重ねてつないだ連続文様。四方に輪が広がっていくところから四方となり、四方が七宝になったとされています。円形なので円満という意味もあります。また仏教で、金・銀・瑠璃・波璃・珊瑚・瑪瑙・真珠などの宝をさします。四方に円満の人の輪が広がり、宝のような魅力があるイメージでこの紋を選びました。そして、それぞれの輪に想いをのせています。一番上の円はお客様。それを支える2つの円。1つは職人。1つは当店。お客様を職人と共に支えになる存在でありますよう真摯にお仕事に邁進したいという想いを込めています。

設立

設立1946年

所在地

〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目8-12
TEL/FAX  06-6761-6764

 ご予約優先

ご予約下さいましたお客様を優先して対応させて頂いております。ご相談・ご依頼の際は、お手数をおかけいたしますが、できましたらご予約をお願いいたします。当店は小さなお店で一人で接客をさせて頂いてる為、みなさまにご協力頂けますととても有難いです。どうぞよろしくお願いいたします。

お支払方法

お手数をおかけ致しますが、お支払い方法は現金のみ、前金制とさせて頂いております。少しでもお客様にご利用頂きやすい価格でご提供できるようにと日々務めております、そのためこのような対応とさせて頂いております。