着物にまつわる加工

紋入れ

染め紋・刺繍紋。反物への紋入れや仕立て上がりの着物への紋入れも受たまっております。

紋章上絵師

紋章上絵師とは着物などに家紋を入れる職人のこと。紋は形は同じですし一見違いが分かるものではありませんが、描くものの腕によって出来上がりがそれぞれ違い個性があることをご存じでしょうか。
何十年も紋を描く職人の技は小さな世界で大きな仕事をしています。驚くのは、紋はすべて頭に入っていて複雑な形も小筆とコンパスのようなもので精密に描かれます。この伝統の技ができる方がどんどん少なくなっていますが今もなお己の技を磨く素晴らしい職人がが活躍しています。ぜひこの伝統の技を感じて頂きたいと思います。紋章入絵師の仕事の様子です。細かな作業を丁寧にされてる様子が伝わるでしょうか。

お仕事の一例

刺繍紋

紋を入れたいけどもあまり目立たせたくない方にオススメです。刺繍紋は糸の色で雰囲気が変わります。

染め

着るたびに嬉しい。大好きな色をまとえる喜びはずっと続きます。想いを職人さんに伝えて美しいお色の着物へ染めます。

※ご依頼頂く反物や着物の状態によっては、ご依頼に対応できない事がございます

染め職人の仕事

寒い日も暑い日も冷たい水と熱湯を使う大変なお仕事です

  1. 生地の色を抜く脱色(染替えの際に必要な作業です)
  2. 染料を調合し熱湯に入れる
  3. 生地を入れる
  4. 生地を巻き上げる
  5. 何度も巻き上げていくとどんどん染料が生地に染まっていく色の仕上がり具合を確認する

 

長襦袢の染め替え

ピンク色に朱色のあでやかな菊の柄の長襦袢。年齢を重ねて、もっとシンプルな感じにしたい。というご希望でした。赤色は色抜きでとれにくいお色ですが、しっかり色抜きをして今回も上手に色が抜けています。柄の部分も残るかもしれないと思っていましたが、柄の朱色も色が抜けました。真っ白になったところで、ご希望のお色に染めます。染上がりをお仕立ていたしました。一番はじめの長襦袢は、胴裏(裏地)がついていて、胴裏が変色していましたが、お仕立ての段階で胴裏はつけないでお仕立てしています。新品のような綺麗さと今どきの淡いキレイなお色になってお喜び頂けました。

その他加工

着物は色々な方法で、修理・補修することができます。また柄を足してより美しくすることも可能です

刺繍直し/糸直し

刺繍糸は経年劣化によりほつれてきます。その部分を補修する刺繍直し。刺繍が取れてしまった振袖のなおしをいたしました。ほつれた糸をきちんと止めて、きれいになっています。

補修はいろいろなケースがあります。写真以外にもシミを隠す柄足しも効果のある方法です。大きさや難易度に応じて金額が異なるため、個別に対応させて頂いております。いろいろな方法で直すことができますので、お困りのことがございましたらぜひお気軽にご相談下さいませ。


ご依頼お受付について

ホームページをご覧くださって、ご依頼をご検討くださっていただけたら嬉しいです。一つご案内がございまして、加工のお仕事お受付は店舗のみになります。誠に申し訳ありませんが個人商店の小さいお店のため郵送でのご依頼は対応いたしかねます。ご迷惑をおかけいたしますがご理解頂けますと幸いです。