【リメイク】羽織・道行コート・雨コートをリメイクという発想

リメイクは着物だけじゃない

着物をリメイクという風にお話していますが、実は羽織や道行・雨コートにご注目して頂きたいです

生かしたいと思ってお家の箪笥を色々さがして下さってると思います。探すときに着物に目線がいくので羽織やコート類って、見落としがちではないでしょうか。

羽織やコート類も着物と同じように丹精込めて作られたものなので、ぜひ一緒に目をかけてやって欲しいですし、それだけの価値があります。

羽織やコート類にご注目頂きたい理由はもう一つあります。着物をお召になられるかたにとっても羽織やコート類を生かせないケースが実はあるからなんです。

羽織やコート類 今と昔の長さの違い

昔の羽織・コートの身丈(身長にあわせた縦の長さ)は、お尻の下くらいの長さがあれば十分おしゃれ。気軽にサッと羽織るイメージです。

最近の羽織やコート類の身丈(身長にあわせた縦の長さ)は、膝丈くらいが多いです。

今と昔では、身丈が違うんですね。基本的にお仕立て直しをすることで、生地がある限りの範囲で着る人の希望にお仕立て直しできるのですが、あまりに長さが違ったり、生地の長さが足りないとお仕立て直ししても身丈(身長にあわせた縦の長さ)がでないケースが発生します。

残念ながら、お仕立て直しをしても希望の身丈が出せない→結局、羽織として着ることができない。その場合は、帯へ作り替えるのが着物を着る方へのご提案になります。

お仕立て直しで、生かす可能性が微妙な事がちょっと考えられる羽織・道行コート・雨コート。それならば、眠らせておくよりも普段使いできる小物や日傘やバック。着物をお召の方は利休バックに生かしてあげるはいかがでしょうか。


応援クリックお願いいたしますにほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村

 

羽織・道行コート・雨コートをリメイクしたケース

羽織がどのように変わるか、写真でまとめてみました。(今までにご覧になられたこともある写真もあります)

 

黒羽織からケリータイプバックへリメイク

先日ご紹介したばかりですが、ケリータイプバックは新作なのでぜひ。

リメイク前 黒羽織

ケリータイプバック

金具と革のパーツ部分

 

 

お店のサンプルのケリータイプバックも道行コートを生かしています

リメイク前 道行コート

きものリメイク バック ケリータイプ

正面

 

 

雨コートを日傘へリメイク

赤色の雨コート

雨コートを日傘へリメイク

 

紺色の雨コート
きもの日傘 雨コート

ご依頼の雨コート

きもの日傘 雨コートから2本日傘をお作りいたしました

2本の日傘をお作りさせて頂きました

きもの日傘 雨コート 斜め正面から見た

きもの日傘 お仕立てあがり

 

 

羽織から日傘へリメイク

きもの日傘 白地の羽織

ご依頼の羽織 白地に菱紋

きもの日傘 羽織 斜め正面から見た

きもの日傘 お仕立てあがり

きもの日傘 羽織 正面から見た

きもの日傘 正面

きもの日傘 羽織 出来上がり

きもの日傘 たたんだ状態

 

 

羽織からトートバック・お財布へリメイク

きものリメイク トートバック きものリメイク トートバック トール

きものリメイク 長財布 がま口財布

 

 

羽織からトートバック・利休バックへリメイク

お店のサンプルも羽織からトートバッグを作っています

 

 

羽織から利休バックを作りました。

ホームページでご紹介しました【トートバック スクエア】こちらの羽織をリメイクしました。

トートバッグ スクエア

着物をトートバックへリメイク

同じ羽織から利休バック

着物を利休バックへリメイク

 

羽織・コート類のリメイクご提案 まとめ

羽織は特に、総絞りの羽織が流行っていたので、絞りのとても素晴らしい風合いと技術が詰め込まれた生地です。これは生かしてあげないと本当に本当にもったいないと思っています。お店のサンプルも絞りの羽織をリメイクしたのは、そういった気持ちもあります。

一つ一つ手で生地をつまんで留めて、そこが染まらないようにして、その上で染める。つまんで留めてたところを外して洗って、この模様ができあがっています。ものすごく手間暇と技術が感じられて触り心地の気持ちよさ、見た目のお洒落さデザイン。どれをとっても素晴らしい。その生地を使うからもちろんリメイクしてできあがったバックや小物たちは、ものすごく素敵なのです。

もちろんご依頼頂いたお客様のお気持ちがあってはじめて、素敵なリメイクの小物が出来上がります。

絞りだけではありません、手描きだったり、型染めだったり、いろいろな技法で美しい色を使って作られています。その美しさをぜひ生かしてあげてください。そして皆様にとって心温まる嬉しい何かにしてそばにいるやさしさを感じて欲しいです。

 

長くなりました、最後まで読んでくださってありがとうございます。

リメイク ご案内