女性用のアンサンブル着物から男性用の着物へのお仕立て直し

男性の着物をリフォームで楽しむ

着物があるんだけども、自分用にやり直しできるかな?というお問い合わせ頂きました。たくさんあるお店の中からお声かけて頂けて嬉しいです!有難うございます。

ご依頼者様は男性。ご自分用に着物にして欲しいとお持ちくださったのは女性用のウールの着物・羽織(アンサンブル)でした。着物は初心者でいらっしゃったので女性用かどうか分かりにくいですよね。柄やお色が気に入っていらっしゃるとの事で、生かしたいです。色々検討いたしました。


 

羽織

着物

 

 

羽織と着物の両方を使って1つの着物にお仕立て

女性用のサイズから男性用のお着物に仕立て直しするにあたって足りない点

  • お袖丈(袖の長さ)
  • 裄(腕の長さ)

男性は着流しで着る分、男性の着物は身丈は肩から裾までのそのままの長さ。女性用の着物はおはしより分があるので、身丈は足りる事ができました。

足りない袖丈・裄をどうするのか

羽織はご不要でした。サイズがあわない羽織は足りない生地の補填のために解いて使うことにしました。

羽織を解いて、羽織の生地をお袖と裄の足りない部分に継ぎます。解いて袖に継いでるところの写真です。

柄が不自然にならないように、緑の線に合わせていいところを持ってきました。

 

お仕立て上がり

洗張りでキレイになって、ウールの質感も復活しています。

どんな風になっているかドキドキしますね。お仕立て上がり、お客様にご着用頂きました。

 

継いだ部分はこのようになります。ちなみにこの継ぎ接ぎ、お相撲さんとか大柄の体系の方など反物の幅が足りない時に使います。

 

この度のお仕事は、着物と羽織を解く→お袖の継ぎ接ぎ→洗張り→お仕立て

ウールの着物でしたので、単衣仕立てです。

着物のお仕立て上がりの際に、初心者との事でしたので着物デビューがスムーズにできますように、畳み方・帯の結び方などもお伝えして熱い時間になりました。お正月とかちょっとしたお出かけとかお召になられて下さってると思うと嬉しい気持ちになります。男性の着物は凛々しいです。

お仕立て直しの事、ホームページでご案内させて頂いてます。よろしれけばココをクリックしてください。リンクしています。

相談してみたい時もお気軽にお声かけて下さい。メールやお電話でもお話で着ますが、お勧めはお店で実際に着物を拝見しながらお話させて頂くのが一番分かりやすいです。ご都合の良い方法でお声かけて下さい。

お問い合わせフォーム