きもの日傘

○○○○○○○○イメージ

想いがある大切なきものを生かします

大切なきものともっと素敵な時間を過ごして頂きたい…そんな気持ちではじめました

着物の素晴らしい色・ステキな柄・素材の風合いすべて生かすことができています。それは熟練の傘職人の手があってこそなのです。なぜなら着物の生地を日傘にするのには大変手間と時間、何より熟練の技術が必要だからです。


大切なきものを普段使いで生かす方法【きものを日傘にリメイク】をさせていただいてます。気軽に普段使いにできるきもの日傘

熟練の傘職人の手によって、実現できました。軽い使い心地ときものを生かしたデザインを
大切にしています。素敵で持ちやすさがうれしい
‘きもの日傘’はプレゼントにもおすすめです




着物が日傘に生まれ変わるまで

きものが日傘になるまでの工程と巧の技

ひとつひとつ大切に愛情込めて作られています

着物を解きます
ご依頼くださる着物はそのままお持ちください。一枚一枚丁寧に解きます
プレス
解いた着物は縫っていた折り目やシワがあるので、キレイにプレスします ※プレスをしますので生地は洗いません、ご希望の方のみ洗張対応いたします
裁断
着物の生地の柄や色を見て、出来上がりの配置のイメージを考えて裁断していきます。日傘にしたときに綺麗に柄がでるのはここでしっかりイメージして日傘として素敵にに仕上がるように職人さんが考えてくださるからです。
レースを染める
レースを入れた日傘をおつくりする場合は、生地に合わせてレースを一つ一つ染めています。だから出来上がった時にレースが美しく日傘に映えるデザインになるのです。丁寧な仕事が出来上がりの美しさのポイントです
縫製
裁断した生地を日傘の形に縫製します。曲線のある傘のカタチにあわせて、着物の生地を縫う作業はかなりの技術が必要です。着物の生地を日傘に仕立てる難しさはここにあります。熟練の職人さんでも、傘の骨に合わないことがあり、きれいに出来上がるまでやり直しをしたりするので大変な作業です。
仕立て
骨の部分に生地を合わせていきます。しっかり張ることができたら、蒸気でシワを伸ばして仕上げます
加工
撥水加工で突然の雨から日傘を守ります。※撥水加工は有料オプションです
完成
お客様の手元に素敵に変身したきもの日傘をお渡しいたします

 

 






世界に一つだけの日傘の魅力 選ぶ楽しさ

パーツ選び

世界に一つだけのきもの日傘は、パーツをお選びいただく楽しさがあります。お好みのパーツをお選びください。こだわりの日本製です。

レース加工 レース加工
なし
<通常タイプ>
レース加工
あり
手元 すべてタッセル付き 手元
手元

※+1000円
基本お選び頂くパーツは料金に含まれています。手元を藤の木をお選びになられた場合のみ+1000円必要です




ボタン

ボタンは着物の生地を使ってくるみボタンをお作りしますので、ボタンまで全部同じ生地でできあがります

 

有料オプション

撥水加工 突然の雨に時に日傘を守ります。しっかりした撥水加工ですので、多少の雨に対応できます

きものの生地に張りがでて扱いやすくなるというメリットもあります

※あくまでも突然の雨や多少の汚れを防ぐというものになります。雨傘としてお使いいただく事はお勧めしません。
UV加工 着物の生の素材“絹”には紫外線を防ぐ効果がありますので、通常UV加工は不要です。日差しを通す薄い生地にはUV加工がおすすめです

 





料金

 基本料金

  通常タイプ(レース加工なし) レース加工ありタイプ
着物から日傘 15,000円(別) 19,500円(別)

価格に含まれるもの

  • パーツ代 手元・骨・ボタンは料金に含まれます ※藤の手元を選んだ場合のみ+1000円加算されます
  • リメイク作業 解く・プレス・裁断・縫製すべて料金に含まれます
  • 丈の短い着物や羽織・コートも対応いたしますが、生地が短いのでレース加工ありタイプのみ取り扱いとなります

有料オプション 撥水加工

撥水加工 +1500(別)

有料オプション UV加工他

UV加工  料金+1500円(別)
絹の生地には紫外線を防ぐ効果がありますので、厚みのある生地はUV加工がなくてもよいですが、透けるような薄い生地を日傘にされる時におすすめです
別生地組み合わせ 料金+1000~2500円(別)
2つの種類のきものから1つの日傘をおつくりすることができます。組み合わせる2枚目の着物の解く部分の場所・広さによって仕事量が変わるため、料金が異なります。組み合わせご希望の際は、ご希望の内容をお伺いさせて頂き必要な料金をお伝えいたします。

送料

基本送料 500円(別)

北海道・沖縄など離島は別途確認いたしますので、ご注文時にご案内します

 


 



ご注文方法

ご用意ください
ご用意下さい 日傘に仕立てる着物・羽織・道行・道中着・雨コート。
生地から仕立てる事も出来ます。その場合は、反物または洗張り済の生地
ご確認ください
解いたあと、縫い目や折り目を伸ばすためのプレスをして日傘へと仕立てます。洗う工程がありませんので汚れているところはそのままになります。また着用されていたものを日傘にしますので、下記の内容のものは日傘にされるのをあまりオススメできません
・シミなどの汚れがあちこちにある
・穴あき・生地の強度が弱い
・裏地の変色、シミ(日傘として使えるか解いてみないと判断ができません)
・通常タイプの日傘は、着物のみ対象です
・刺繍の多いものは、日傘にできません。裏側に刺繍の糸が出る為
・ミシン縫いのもの。解く事を考えて縫っていないのと、縫い目が残るため
ご注文
着物に合わせてパーツを選びます
・レース加工ありなし 通常タイプ/レース加工ありタイプ
・手元選び 竹・藤の手元2種類
・有料オプション  撥水加工・UV加工
ご依頼受付とお支払い
店舗受付:ご依頼受付時にご入金をお願いします。現金のみのお取扱いです。
郵送受付:きもの日傘にリメイクご希望の着物と申し込み用紙(下のバナー“きもの日傘注文書”をクリックして頂くと注文書がPDFファイルでご確認頂けます)を同梱いただき、お店へ郵送ください。到着後ご依頼内容の確認とあわせて、お振込みをご案内しております。ご入金の確認後にお仕事承ります。
制作期間
約1ケ月半~2ケ月予定しております。撥水加工のあるご注文は製作期間+15日かかります。また職人さんの制作状況により納品期間が変わることがありますので、納期はお約束いたしかねます。ひとつひとつ大事に心を込めてお作りしておりますので、ご理解くださいますよう、お願いいたします
お渡し
きもの日傘が仕立てあがりましたら、すぐにご連絡いたします。郵送の方は発送手配完了後、発送のご連絡をいたします

 

 


 

お客様のきもの日傘

撮影・掲載許可を頂きました日傘をご紹介させていただきます。ご協力くださいました皆様ありがとうございます


当店のブログでも着物から日傘へリメイクするビフォー・アフターの写真を掲載しております。お手数をおかけいたしますが、ブログステキnaキモノhttp://sizukyou.blog10.fc2.com/をご覧いただきますと画面左側に“カテゴリ”があります。カテゴリの中の“きもの日傘”をクリックして下さい。きもの日傘の記事だけを続けて見ることができます。

 

きもの日傘の魅力

ご依頼頂く着物は、形見分けに…とおっしゃって頂くことが多く『着物を残しておきたい、生かしたい』という優しいお気持ちに触れさせていただいてます。

お母様の着物やおばあ様の着物、お父様が着ていた着物、ご両親からお嬢様に嫁入りに持たせた着物・・・・すべての着物に想い出がこもっていて、優しさにあふれています。

その想いが形になって日傘へと仕立てられた時、なんとも言えない嬉しい感動にいっぱい包まれます。職人さんの力で素晴らしい日傘になった事に感動し、想いがかたちになった事にも感動します。

その感動はお客様からうれしいお言葉をたくさん頂いてて、「この日傘を使っていると天国からお母様がきもの日傘を見つけてくれると思います」「嫁入りにもたせてくれた着物を日傘にしてお母様に見せたら喜んでくれた」6本ご依頼いただいた方は「みんなが好きだったおばあさまの着物、親戚で分けます」そんな風に言って頂くと、たずさわらせて頂いてる私も涙が出そうになります。感謝の気持ちでいっぱいです

いつも思います、きもの日傘は優しさです。人の想いです。それがカタチになったものなので使っていると優しい想い出に包まれます。もし迷っておられたらぜひご相談下さい。お力になれるように色々お話させて頂きたいと思います。優しさを感じてほしいと思っています。