紋・染めのこと

紋を入れたり染めるなど加工を承っております

着物にまつわるお仕事を承ります
着物のお手入れや仕立てと同じように、紋入を入れる職人や染めの職人と共にお仕事しています。お誂えの際の紋入れや白生地から染める色染めはもちろん、お持ちの着物の紋入れ替えや染め替えなど承っております。詳細は下記にご案内させて頂きます。

 

紋入れ

紋章上絵師とは着物などに家紋を入れる職人のこと
紋は形は同じですし一見違いが分かるものではありませんが、描くものの腕によって出来上がりがそれぞれ違い個性があることをご存じでしょうか。

何十年も紋を描く職人の技は小さな世界で大きな仕事をしています。驚くのは、紋はすべて頭に入っていて複雑な形も小筆とコンパスのようなもので精密に描かれます。この伝統の技ができる方がどんどん少なくなっていますが今もなお己の技を磨く素晴らしい職人がが活躍しています。ぜひこの伝統の技を感じて頂きたいと思います。


紋章入絵師の仕事の様子です。細かな作業を丁寧にされてる様子が伝わるでしょうか

染め

着物を自分色に染めてみませんか
着るたびに嬉しい。大好きな色をまとえる喜びはずっと続きます。想いを職人さんに伝えてカタチにいたします
職人の仕事
寒い日も暑い日も冷たい水と熱湯を使う大変なお仕事です
  • 生地の色を抜く脱色(染替えの際に必要な作業です)
  • 染料を調合し熱湯に入れる
  • 生地を入れる
  • 生地を巻き上げる
  • 何度も巻き上げていくとどんどん染料が生地に染まっていく色の仕上がり具合を確認する
お仕事の流れ
  • ご相談を承ります。染め見本帖をご覧いただきたくさんある色の中からご希望の色を決めていきます。全体のコーディネイトや年齢に応じてこれから楽しめる最適な色を一緒に考えていきましょう。
  • お見積り。金額をお伝え致します。ご検討なさって下さい。
  • 職人さんへ。白生地を染める場合は、きれいな白色からご希望の色に染めます。仕立て上がりの着物の染替えの場合は、まず着物を解いてから色を抜いてご希望の色に染ます。染めあがった反物をご希望の寸法にお仕立て致します。
  • 納品。ご希望の色に染まり仕立てあがった着物はたとう紙を開ける瞬間にドキドキします。着物だからこそ感じて頂ける素敵なドキドキ感です。
染めのビフォーアフター
染めるというお仕事
白生地(真っ白の反物)を自分色に染める楽しみ・今お持ちの着物を違う色に染めかえる楽しみは、それぞれ違った楽しさがあります。

新しい色はこれから自分がどんな色を着こなすか考えながら色選びしていきます。また今お持ちの着物を染め変えるときは若い時の可愛い色からこれから大人の女性として美しく着られる色を考えていきます。元の色の兼ね合いもあるのでどれだけのことができるかも一緒に考えますので、着物ならではの深い色選びの世界が広がっています

おうちに白生地が眠っているなら、ぜひ好きな色に染めてみませんか、また染め替えという方法で、お手持ちの着物をいかしてみませんか。着物がより深く楽しめると思います

そして染めを通じて職人さんの技を感じていただけたらより嬉しいです

その他加工

修理・補修
着物は色々な方法で、修理・補修することができます。また柄を足してより美しくすることも可能です
刺繍直し
絹糸は長く保管していると、保管状況により糸が弱ることがあります。刺繍糸も同じです。刺繍が取れてしまった振袖のなおしをいたしました。ほつれた糸をきちんと止めて、きれいになっています
シミを隠す
古いシミはしみ抜きでとるのが難しいケースが多いです。写真のケースはしみ抜きをしてとり切れなかったところに銀で加工して美しく補修しています
帯の補修
ほつれたところを糸をきれいにして、これ以上ほつれないように加工して仕上げています。3代にわたり大事に使われていた帯でしたので、修理することでこれからも長く使っていただけるようになりました
ご相談下さい
補修はいろいろなケースがあります。大きさや難易度に応じて金額が異なるため、個別に対応させて頂いております。いろいろな方法で直すことができますので、お困りのことがございましたらご相談下さいませ。

ご相談・ご依頼

ご予約優先
ご予約下さったお客様を優先して対応させて頂いております。ご相談・ご依頼の際はお手数をおかけいたしますが、ご予約をお願いいたします。当店は小さなお店のため、みなさまにご協力頂けますととても有難いです。どうぞよろしくお願いいたします。
お支払い方法
お手数をおかけ致しますが、お支払い方法は現金のみ、前金制とさせて頂いております。少しでもお客様にご利用頂きやすい価格でご提供できるようにと日々務めております、そのためこのような対応とさせて頂いております。どうぞご理解くださいますようお願いします。